経緯 EditToHeaderToFooter

「癌」が「岩」に通じ中国官話でyánと読むべきものの、同じく病気の名前を「炎」yánと同音がために、「癌」をáiと改めた話がある。真偽であることを確認する際、否定された和製漢字説にも出くわし、大変面白い結果が得られた。その調査結果を以下に記す。

事実:yán から ái に変更されている EditToHeaderToFooter

直接資料は個人図書館 www.360doc.com のユーザ「三姑書斎」の 2015/09/08 の記事
「他改変了“癌”字的読音──《現代漢語詞典》背後的故事」*1
執筆 庄建、編集 金衛鋒、審査 熊亦涵
http://www.360doc.com/content/15/0908/22/16520842_497788493.shtml

本記事は『現代漢語詞典』という中国で有名な定番辞書の編集に纏わる裏事情の紹介である。前半は一代目編集責任者である呂叔湘を、後半は二代目編集責任者である丁声樹を紹介している。中ほど、青い太字で強調された2段落で、丁声樹の業績として癌の読み変更を紹介している。

原文引用:

将“癌(yán)”字音改ái音,是丁声树的贡献。

他注意到医生口中的“胃ái(胃癌)”和“胃yán(胃炎)”是有区别的,而词典中两者却是同音词。

“癌”从“喦(yán)”得声,历来如此。

为此,丁声树特意走访了多家医院,才知道大夫们早已约定俗成地将“胃癌”读作“胃ái”。

 

一切从语言实际出发,丁声树果断地将“癌(yán)”音改标为ái,

从而在词典中将“胃癌(ái)”、“胃炎”严格区别开来。

这一变更,肯定了医生们的创造,极便于一般人口头表达,很快为社会广泛接受。

超意訳:

「癌(yán)」の読みを「ái」に変えたのは、丁声樹の業績である。

彼は、医者たちが「胃癌」と「胃炎」を区別しているのに辞典で両者が同音詞であることに気づいた。

「癌」は古来より「喦(yán)」から読みを取っていた。

丁声樹は、辞書を編著するために病院を歩き回って初めて、現場の医者が昔から習慣的に「胃癌」を「胃ái」と読んでいることを知る。

 

丁声樹は言語の実態に基づき、「癌(yán)」の読みを「ái」に変え、

「胃癌(ái)」と「胃癌(yán)」を厳密に区別させた。

この変更では、医者たちの想像を肯定し、一般人の会話表現も便利にし、早くても社会に受け入れられた。

要は、辞書的に同じく病気を表す「癌」も「炎」同じ読み「イェン」になっているが*2、現場の医者では当然「胃癌」も「胃炎」も「イ・イェン」では紛らわしくて仕事にならない。そんな医者たちは勝手に読み替えして、同音異義語を回避していた。

日本語で言うと、「市立」も「私立」も辞書的には「シリツ」と読むが、それでは話にならないので教育現場では「イチリツ」と「ワタクシリツ」と呼び分けているのと同じ。「シリツ」だった辞書を「市立(イチリツ)」、「私立(ワタクシリツ)」に変えたのが丁声樹の仕事である。

この記事は編集と構成を経て出されていて、かつ、記事の対象が国家プロジェクトで記録も多く、偽りがあれば反論の一つや二つは容易に見つかるはず。そのため、本記事の内容は一定の信憑性があるものと私は評価する。

*1 訳:彼は「癌」字の読みを変えた──『現代漢語辞典』の背後にある物語
*2 厳密にも、全ての子音・母音から声調まで、中国語において弁別可能な要素が全て一致している。

虚構:和製漢字説 EditToHeaderToFooter

和製漢字と思える理由 EditToHeaderToFooter

「癌」という字の歴史を調べると、定番字書である『説文解字』*3にも『康熙字典』*4にも見当たらない事実に遭う。台湾教育部の『異体字字典』*5で調べても出典が乏しく、1953年に完成した台湾語発音の字典である『彙音宝鑑』しかない*6

一応もう一つの出典として『正字通』も挙げられてはいるが、残念ながら「𤸔(pin³)」という別字だった。
16世紀に完成した『本草綱目』には「癌」と「𤸔」の両方が現れていて、別義の別字と分かる*7

このパターンは国字、すなわち日本で作られる和製漢字の場合が多い。日本で作られた漢字だから、中国の大字典でも収録されない。「癌 国字」で検索すると見事にヒットはする。ただし、同時に否定もされてしまう。

*3 漢代に出版された最古の部首別漢字字典。
wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AA%AC%E6%96%87%E8%A7%A3%E5%AD%97 が詳しい。

*4 説文解字以降の歴代辞書を集結した清代の大字典。
wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%B7%E7%86%99%E5%AD%97%E5%85%B8 が詳しい。

*5 異体字まで豊富に収録しているオンライン字典。
https://dict.variants.moe.edu.tw/variants/rbt/home.do

*6 異体字字典【癌】https://dict.variants.moe.edu.tw/variants/rbt/word_attribute.rbt?quote_code=QTAyNzA3
*7 根拠は後述する漢字文化資料館の記事の一番最後が詳しい。
https://kanjibunka.com/yomimono/igaku_kanji/yomimono-7389/

否定される根拠 EditToHeaderToFooter

福井県立図書館のレファレンス記録には、丁度「癌」についての調査結果が出ている。

福井県図の調べでも詳細に否定しているが、同じ趣旨の記事を数本挙げておく。

  • 和・漢・洋・才! 語源のブログ、2010/01/06 記事
    「国立がんセンターに行ったので、癌(ガン)の語源!」
    http://naruhodogogen.jugem.jp/?eid=129
    主に『医学用語の起り』を引用し、国字説から否定の顛末を記している。
  • 大修館書店 漢字文化資料館 連載記事「医学をめぐる漢字の不思議」
    2019/10/10 記事「『癌』の不思議」、西嶋佑太郎 著
    https://kanjibunka.com/yomimono/igaku_kanji/yomimono-7389/
    主に「大字典」などを引用し国字説を挙げつつ、
    医史学者である富士川遊が1909年の指摘を引用して否定している。

これらの文献で挙げている否定の根拠は同じである。

  • 1170年(宋代、平安時代)の「衛済宝書」に「癌」の記載がある。
  • 1264年(宋代、鎌倉時代)の「仁斎直指方」に「癌」の記載がある。

また、福井県図によれば、和書では

  • 1666年(江戸時代)『合類医学入門』に「癌」の記載がある。
  • 1793年(江戸時代)『病名彙解』に「癌」の記載がある。
    (※確認したら「岩」が使われていた)

殊更、和書『合類医学入門』は1575(明代、安土桃山時代)の漢籍『医学入門』に基づいて再編した本である。『医学入門』の立ち位置に関しては以下が詳しい。

以上の証拠により、日本が西洋医学を学んで造字する前から「癌」の字が存在していたと結論づけられる。

根拠の検証 EditToHeaderToFooter

「記載があると」あれば、実物を見れば確証を得られる。しかし、千年も前の書籍を容易に見れるものではない。語源ブログによれば、在野の研究者ですら現物を確かめるのが難しい。

幸い、今はデジタルライブラリが充実し、外野でもその恩恵を受けられる。先人に感謝しながら、以下にアクセスできた書籍を有難く引用する。

新刊新刊仁齋直指方論目録 EditToHeaderToFooter

結論、「癌」だ。

図1: 新刊新刊仁齋直指方論目録にある「癌」の用例
GanRefNinsai.jpg

合類李挺先生医学入門 外集巻之十六 八尾玄長 編 EditToHeaderToFooter

説明の中身も含めて如何にも「癌」だ。

一応書き下し*10*11

(セツ)(ガン)(ヒョウ)()()(おなじ)方。

(カツ)一寸より二寸に(いたる)(セツ)と為す。

二寸より五寸に(いたる)(ヨウ)と為す。

五寸より一尺に(いたる)()と為す。

一尺より二尺に(いたる)を竟体()と為す。

(いまだ)(つい)へず色紫黒堅硬、(すで)(つい)へて深陥岩の(ごとき)(がん)と為す。

()(ハン)(うむ)を牛唇の如く黒硬(ヒョウ)と為す。

頭面無く色淡紅を()と為す。

(これ)知ぬ腫起を(ヨウ)と為す。

沈潰を()と為す。

外に発出する者を外発、腸胃に陰伏する者を内()と為す。

(セツ)(ヨウ)()に比すは更に軽し、(ガン)(ヒョウ)()は多くは治し難し。

癌は多く乳脇(ニュウキョウ)豚跨(トンコ)に生む。

全く(よろしく)大に気血脾胃を補うべし、及び鑞礬丸(方は外科通用を見よ)

膜を護り肌を生め、()万一(まんがいち)(こひねが)ふ。

(ヒョウ)()(うしろ)の週身の部に見たり。

図2: 合類李挺先生医学入門にある「癌」の用例
GanRefNyuumon.jpg

また、『医学入門』の原本写真は見つからなかったが、それをテキスト化したライブラリが中国語で公開されている。
中医宝典 > 中医综合 > 《医学入门》
http://zhongyibaodian.com/yixuerumen/
癌は「外集卷五 外科」の「癰疽総論」となる。
http://zhongyibaodian.com/yixuerumen/346-18-1.html
一番最後の「疖癌瘭痼也同方。」からの段落が上記段落に対応している。

*8 国立国会図書館デジタルコレクション https://dl.ndl.go.jp/
*9 国立公文書館デジタルアーカイブ https://www.digital.archives.go.jp/
*10 途中、一部の返り点がかなり怪しいが……
*11 この短い文書の中に、異体字まで混ざってて中々手強い。

理論:音韻変化 EditToHeaderToFooter

冒頭に引用した記事から、「癌」の発音がyán から ái に変更されている事実が分かった。しかし人為的な変更ではあるが、医療現場の使い分けに基づいていた。その医療現場で発生した音韻変化を調べると、一般的な音韻変化と方言音の2つの理由に辿り着く。

疑母 ŋ の脱落と m 韻尾の合流 EditToHeaderToFooter

「癌」に通じる「岩」の古字「嵒」の中古音は「ŋam」に推定され*12、「yan」と「ai」の違いは頭子音と終子音になる。頭子音の「ŋr→y,φ」と終子音の「m→n」は一般的な音韻規則で説明できる。

中国語の軟口蓋鼻音こと牙音次濁の「ŋ」が不安定で、様々な方言において脱落ないし弱化している。大体の傾向として、普通話の基準となっている北京語ではほぼ完全に脱落している。北方方言の武漢や南方方言では開口呼(-a-母音)を中心に部分的に保留されている。参考:

他方、韻尾の終子音である「-m」が「-n」に合流したのは、16世紀頃に起きた北方方言全体に及ぶ音韻変化である。参考:

これらの結果により、「岩」は ŋ の弱化と m の合流で、ŋam から yan に変わったと説明できる。

*12 議論を単純にするため、幾つかの推定結果を基に単純化している。例えば、軟口蓋化$$\super G$$や声調は無視している。

「崖」の方言音 EditToHeaderToFooter

対して、韻尾の「n」→「i」の変化、延いては韻母の「an」→「ai」の変化は珍しい。

英語版wikipediaの「癌」の項目には気になる説明がされている。

  • https://en.wiktionary.org/wiki/%E7%99%8C

    In Mandarin, this character used to be pronounced identically as 岩 (yán).

    Its pronunciation was changed to ái in December 1962

    to avoid the homophony between 癌 (ái, “cancer”) and 炎 (yán, “inflammation”)

    (compare 肺炎 (fèiyán, “pneumonia”) and 肺癌 (fèi'ái, “lung cancer”)).

    The new pronunciation ái stems from dialectal pronunciations of 岩 (“rock; cliff”) /ŋai/,

    influenced by 崖 (yá, yái, “cliff”).

    超意訳:

    普通話では、この文字が「岩 (yán)」と同じ発音されていた。

    1962年12月に、ái に変更された。

    「癌 (ái, "cancer") 」と「炎 (yán, "inflammation") 」の混同を避けるために。

    (「肺炎 (fèiyán, "pneumonia")」と「肺癌 (fèi'ái, "lung cancer")」を比較せよ)

    新しい発音 ái は、岩(rock;cliff[崖])/ŋai/の方言の発音に由来する。

    「崖 (yá, yái, “cliff”)」に影響を受ける。

「崖」に関して調べると、百度知道に尤もらしい答えが見つかる。

  • https://zhidao.baidu.com/question/2054685461515112987 *13

    問:崖的三种读音yai,ya和ai意思完全一样吗?

    答:一样的,只是三种时期不同的读法。

      崖 yá yái (大陆旧读音,台湾正读音,大陆旧又读ái) 意思都是山崖|悬崖。

    超意訳:

    問:「崖」の3種類の読みyai、yaとaiの意味が全く同じか?

    答:同じ、単に3つの異なる時期の異なる読み方なだけ。

      崖 大陸現読み ya*14、台湾正読み yai、大陸旧読み ai。意味は全て「断崖」。

「崖」の昔の発音を調べると、五佳切 ŋai と分かる。

この変化に関して、まず ŋai → ai, yai は ŋ が脱落・弱化した結果と説明できる。次に yaの発生となるが、yai の韻尾 i の脱落と考えられる。

というのも、通常韻尾 i は脱落しないが、殊更 ?-i-?-i は普通話に許容されてない音節となる*15*16。ŋai の弱化で yai が発生したのが台湾正式読みだが、居座りが悪いため脱落したのが ai と考えられる。そして、yai のように ŋ は弱化に留まった上で居座り良くするために韻尾 i が脱落して生じたのが ya と考えられる。

図3: 「癌」に関連した漢字の変遷
GanGaiOnin.jpg
説文、玉篇、龍龕の発音表記は反切からの推定音。単純化のため、声調がないなど不正確な点を含む。
北:普通話(北京)、台:国語(台湾)、客:客家語。

「岩」の方言音 EditToHeaderToFooter

では、「崖」のこの影響を受け、「岩」も同じように考えられるか。これも百度知道に答えが出ていた。

  • https://zhidao.baidu.com/question/95376545.html

    問:“岩”字就一个“yan"”的读音吗?四川 重庆 安徽都读“挨”字音的。为什么?

    (後略)

    超意訳

    問:「岩」のの読みは yan の1つだけ?四川・重慶・安徽が皆「挨(ai)」と同じ音で読んでいるけど、なぜ?

その後の問いは趣旨が変わって「なぜ ai の読みも辞書に収録しないのか」となり、回答も ai の生じる理由に答えずに、「普通話の辞書だから普通話の発音しか収録しないのが当たり前」という頓智になっていた。

しかし、少なくとも四川・重慶・安徽など中国の中部では「岩」を ai と読む地方の存在するのが分かる。「岩」を ai と読むか読まないかの話自体は他にも沢山見つかることから、事実と思って良いだろう。そのた結果、「肺炎」と「肺癌」の区別に苦労した医者に「岩」を ai と読む地方の出身者が居れば、方言音の ai で区別する工夫をし、現場で普及して行くのが容易に想像つく。

ところが、これが「崖(yai,ya,ai)」の影響かは確認できない。「崖」が ai になるのは ŋ の弱化で生じた yai が嫌われるためのは前節での説明した通り。それで「崖の影響を受ける」と言われると、まず思いつくのは ŋ の弱化ではなく完全脱落ŋam → am → an になるが、これでは → ai を説明できない。

また、「岩」の ŋ が弱化して生じた yan は良くある音節である。「岸」のように ŋan → an と脱落する例もあるが、顔言眼雁など yan に弱化して安定する例が多い。一応、解答者が挙げたリストを見ると、anとaiが混同する地域が存在するだろうが、場所も含め、2020/03/30の時点では確度の高い情報を見つかってない。

  • https://zhidao.baidu.com/question/95376545.html

    如果全国各地的读音都收,那就没法编字典了,难道说“岩”读yan,an,ang,ai,ngai,ngan,ngam,am?

    超意訳

    全国の方言読みを全部収録したら、字典とか作れないわ。「『岩』が yan,an,ang,ai,ngai,ngan,ngam,am と読む」とでも書けっての?

上で考えられた音節が大体出揃っている。こんな辞書があったら、正直欲しい!

*13 「百度知道」は某知恵袋のようなサービスのため、信憑性に警戒が必要である。この読みは辞書を引けば確認が取れる。
*14 直訳では「大陸旧読み」になるが、後ろとダブることと、yaは現行辞書に載る読みのため、恐らく誤字。
*15 具体的に、yei, yai, diei, diai, jiei, jiai などの音節が無い。
*16 他に、?-u-?-u の音節も無い。例えば、weu, wau, duou, duau, zuou, zuau などの音節が無い。

結論 EditToHeaderToFooter

以上の調査により、現時点では以下を結論とする:

  • 癌の読みを yán から ái に人為的に変えられたのは事実であった。
  • 辞書での変更より先に、ái と読む職場と地方が存在していた。
  • 癌の字と読みは古く、遅くとも宋の時代からあり、和製漢字説は間違い。

参考 EditToHeaderToFooter

ツール EditToHeaderToFooter

文献 EditToHeaderToFooter

fileGanRefNinsai.jpg 24件 [詳細] fileGanGaiOnin.jpg 24件 [詳細] fileGanRefNyuumon.jpg 24件 [詳細]
リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 改名   音韻 一覧 検索 最新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020.0330 (月) 0454.5300 (103d)